サラリーマンの意識と感覚ではFCで成功できない

「フランチャイズ加盟〜成功の心理学」シリーズの第3回目、です。

 

今回から前回紹介した「フランチャイズは3段活用で成功する!」のステップアップについて具体的に解説します。

3段活用=3つのステップは、

(1)サラリーマンからオーナーに

(2)オーナーから経営者に

(3)経営者から企業家に の3ステップ

でした。

 

とにかく大事なことは、起業する時点、スタート時点で、この3段階までイメージしておくことだと前回解説しました。自分はオーナータイプか経営者タイプか、とかいう分類をするのではありません。

フランチャイズで起業するなら、始まりは1店舗からでも、それを成功させて複数店舗を「経営」する経営者を目指す、というのが「フランチャイズで勝つ」考え方なのです。

 

実はサラリーマン意識を変えることが難しい

 

では(1)から順番に解説していきましょう。 まず、 (1)サラリーマンからオーナーに これについては、このメルマガは勿論、あらゆる起業アドバイスの中で、基本中の基本として語られているはずです。

ただ、「知っている」「わかっている」ことと、「できる」ことには大きな溝があるわけで、この「溝」に落ちる、もがき苦しむ、結局這い上がれずに挫折する、という方が減っていくイメージがありません。

「フランチャイズで失敗した」という方の半分以上がここに原因があると思います。「サラリーマン時代の考え方が抜けずに、オーナー意識になれず起業に失敗する」というケースです。

何故でしょう? 簡単に言ってしまえば、 給料をもらって働く人 から 給料を出す人 という「逆の立場になる」ことがどういうことなのか、やってみないとなかなか実感できない、そして人によってはかなり難しいのです。

そういうと、 「だから最初は人は雇わず、自分一人で立ち上げられる商売から始めたいと思います」 とわかったようなことを言う方もいますが、これも実は危険な考えなのです。 個人事業主だって、 「自分の給料を自分で出す」 わけですから。 利益が出なければ「無給」です。儲からなければ一円も入ってこないのです。

 

もうひとつ、 サラリーマンからオーナーになる 意識変革ができないのは、育った環境、周りの環境にあることも知っておくべきです。 正直、これまで起業していく方を見てきて、 実家が何らかの商売をやっている人 と サラリーマン、公務員の家庭で育った人 では、「商売をする」ということのとらえ方がかなり違います。

この点からすると、サラリーマン家庭で育ち、兄弟も勤め人だらけ、の場合は、要注意です。

 

サラリーマンがオーナーになれない理由

 

考え方の前に、言葉の感覚、受け取り方が全く違うのです。 例えば「リスクが大きい小さい」という話をしていても、そもそも、「リスク」という言葉の解釈 が違うので話にならない、というケースは起業相談にのっていても結構あります。

サラリーマン時代に大きなリスクをとってやってきた、としてもそれは「会社のお金」であり、 失敗してもボーナスが減る程度で、家族が路頭に迷ったりしませんから。

そして少し似た話として、 サラリーマンとして仕事で成果が出ていたからといって、商売をやってその力がそのまま通用するとは 限らない、ということです。 これはよく言われる「会社の看板」「会社の名刺」で仕事をしているから、という話ではありません。

そうではなくて、 会社の金を使って成果を出すのと自分の金を使って利益を出すのでは、随分な違いがあるのです。

サラリーマン時代、もっと広告出してまともな見込みを増やすべき、なんて考えていた方は要注意です。 自分のお金だったら広告をガンガン出しますか?という話です。

なので、会社で「新規事業の企画」なんかを責任者として任され、いくつかの事業を成功させてきた、と いっても、その実績をそのまま信用するわけにはいかない、のが正直なところです。

以上、サラリーマンがオーナーに変わるのはなかなか難しい面がある、ということを解説しました。 あまりそんなことを書くと、起業を志す人が減るかもしれないですが、甘い考えで勘違い起業する方を ストップさせることも大事ですから。

 

「勝者の考え方」ができるか?

 

起業する、ということは、自分自身に賭ける ということです。 これもよく言うことですが、起業したら良いことも悪いことも倍です。 期待も倍、不安も倍、気落ち良さも倍、成果も倍… 幸せも倍、不幸も倍、痛みも倍、損失も倍… なのです。

成功したらサラリーマンの何倍も儲けることは充分可能ですし、その代わり失敗したら、 最悪「ゼロ」になります。 こう言われてどうでしょう?

>自分に賭ける

>幸せも倍、不幸も倍

>倍儲かるか失敗してゼロか

こんなフレーズを聞いて、ワクワクする部分と、ビビる部分があると思います。 ビビる部分があまりに気になるなら、起業は諦めるべきです。 そんな方はこのシリーズの<第1回>で説明した「勝者の考え」に程遠いのです。

これまで生きてきた中で「傍観者」の意識強くなり、リングに上がることをビビらせているのです。 世の中でお金を人より儲けるには、 リスクをとる か 人ができないこと(難しいこと・嫌がること)をやる の2つしかないのです。

ところが、フランチャイズ起業したいと相談にくる方の中にも、本音のところを聞くと、 「できるだけリスクなく安定したFC、できるだけ簡単楽にに成功できるFCを教えて下さい」 という人が本当に多いのです。

相談の時にそう言ってくれれば、 リスク無しで簡単で誰にでもということなら、 自分の労働を時間で売る時給のアルバイトしかありませんね〜 と答えるわけですが、本人もその「本音」の自覚すらない場合が多いから困ります。

もう一度、言います。 起業というのは、自分自身に賭けること です。 ビジネス、商売というリングに上がり自分の力で闘う、のです。

この意味が本当に分かっていただけたら、様々なアドバイスができます。

 

そして、そのアドバイスのひとつが、この「3活用」の思考法でなのです。 サラリーマン意識からオーナー意識に確実にギア・チェンジするには、 「オーナー」の一つ上、「経営者」の視点から見る、考えるということ。

起業する時点で「経営者として成功する!」というイメージを持ち、その目線で物事を判断し、 様々な勉強をしていく、ということです。

 

こう考えるだけで、 まずはサラリーマン時代の収入を上回ることが目標です! なんて考えでスタートするより、何倍も成功確率が高くなるのです。

無料Ebook:スモールビジネス必見!本当に役立つWebツール&サービス50選

Webマーケティングはツールを上手に使うことで、効率的に取り組むことができます。

このEbookでは、

・ランディングページを2時間で作れるツール
・WordPressで会員サイトを作れるツール
・キーワード選定力が10倍アップするツール

などスモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。

ぜひ、あなたのWebマーケティングの実践にお役立てください。