起業の成功ではなく企業家を目指せ

フランチャイズ成功の心理学でシリーズでお送りしている、「FC3段活用法」の解説は今回が最終回です。

FC起業する時最初のイメージとして、

ホップ・ステップ・ジャンプ の三段跳びのイメージをもつことが大事。

 

三段跳びのイメージとは、

 

ホップ→サラリーマンからオーナー

ステップ→オーナーから経営者

ジャンプ→経営者から企業家

 

でした。

 

起業の成功ではなく企業としての成功を目指す

前回の解説で、 「フランチャイズで起業するなら大志を抱け」 というフレーズを使いましたが、このテーマで伝えていことは、 ある意味、そこに尽きるのです。

小さな自分だけの成功ではなくて、フランチャイズで大成功を目指せ! ここに共感する方が、FCで成功します。

それを言い換えたのが、 起業の成功ではなく企業としての成功を目指せ というフレーズです。 「起」業と「企」業のキの違い。 そして、 小さな起業を成功させて、それを長く続けよう と頑張るよりも、 実は、 立派な価値ある「企業」をつくろうと決めて頑張るほうが、 よほど「安定」しているのです。

通常、ここがなかなか理解できません。 小さい=堅い=リスク小=安定 と考えますから。 これはある意味「刷り込み」ですね。 ビジネス、商売というのはそういうものではありません。

小さい=堅い=リスク小=安定 が本当なら、竹村酒店含め、個人商店、パパママストアの商売 は細く長く成り立つはずです。 そうではないですね。 「商売と屏風は広げれば倒れる」なんて格言もありますが、 それは嘘、です。 広げなきゃ倒れないかもしれませんが、「座して死を待ち」干上がります。

商売は「変化対応業」

何故でしょう。 それは、商売は「変化対応業」だからですね。 世の中の変化、消費行動の変化に店側が対応しなければ、たちまち、 売れなくなるのです。 そして、世の中の変化をつかんで、予測して、 中長期の戦略を立てる ことが企て(くわだて)です。

「企て」というのは目先より一歩先をみて、人より大きなことを考える、 ということです。 この視点をもつことが、現代のビジネスにおいて、唯一の「安定」と言えます。 ビジネスにおいて「安定」するためには、 外部環境に適応して 競争相手に勝つ よりほかありません。

ただ、殆んど全ての経営者は、 「目先」をみて精一杯 なのです。 なので「中長期」の視点をもって施策を考えていけば、 競争相手とは一段高いレベルからビジネスを 考えていくことができるわけです。 「中長期の視点」こそ「企」業家の視点です。

 

中長期の目標を「企て」るのは難しくない

ライバルたちが目先の「経営」に必死な所で、企てていきましょう、ということです。 ただ、まだ起業も成功してない段階で、そんな  中長期の視点で企てる なんてムリです、という感覚もわかります。 これも一種の「刷り込み」なんですが… ビジネスというのは小1の学習を終えたら小2、3、4‥・とやっていくものでは ないわけです。 「飛び級」どころか、最初から小6の学習内容を眺めてしまえば、 小2、3の内容なんてカンタンなのです。

ですから、最初から、中長期の視点で企てる ことができれば、商売のスタートから 成功確率が高まるのです。 ここで活用すべきなのが「フランチャイズ」です。 ここに 「フランチャイズに加盟している大切な意味」 があるのです。 FCなら、「中長期の視点」が最初の段階でイメージしやすいのです。

3年で5店舗、5年で20店舗やりたい、そのためには? と考えれば良いわけですから。 その目標を明確に持っただけで、考え方の目線がかわります。

そして、FCなら多くの場合、 先に加盟しているオーナーで、その道を先に進んでいるオーナーがいるはずです。 既に多店舗展開を成功させている「企業家」先輩オーナーですね。 その人から学び、刺激を受ければ、イメージが明確になるのです。

そのためにフランチャイズに入る、と言っても過言ではありません。 「フランチャイズで起業するなら大志を抱け」 の意味するところがおわかりいただけたでしょうか?

最後に、この 起業で成功を考えるな、企業家になれ という考え方は、 ベンチャー・リンク創業者である 小林忠嗣氏のビジネス理論の中核をなす考え方であることを書き添えておきます。

竹村もそこで習い、その後も様々なケースで実践してきました。 今でもFCビジネス成功のための最重要理論だと思っています。

無料Ebook:スモールビジネス必見!本当に役立つWebツール&サービス50選

Webマーケティングはツールを上手に使うことで、効率的に取り組むことができます。

このEbookでは、

・ランディングページを2時間で作れるツール
・WordPressで会員サイトを作れるツール
・キーワード選定力が10倍アップするツール

などスモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。

ぜひ、あなたのWebマーケティングの実践にお役立てください。