「経営」とは他人のお金で他人を雇って利益を出すこと

「フランチャイズ加盟〜成功の心理学」の4回目です。

 

今回は、「フランチャイズにおける3段活用=3つのステップ」の

(1)サラリーマンからオーナーに

(2)オーナーから経営者に

(3)経営者から企業家に

の(2)について解説していきます。

 

さて (2)オーナーから経営者について。 オーナーと経営者はどう違うのか。経営者目線を持つためのポイントは何か?です。

 

いくつかありますが、 重要なのは、ズバリ、人と金、です。 「人に任せられるか」 「人をマネジメントできるか」 です。そして財務」。「資金繰りと資金を集められるか、です。

 

経営者の仕事の半分は「人」関連

 

まず、「人」について。

オーナー=自営業者というのは、 「自分の体で」 「自分の時間を使って」 商売をしているのです。 いちばん分かりやすいのは、自分の店で商売している商店主です。 「個人商店」とも言います。

フリーランスでやっている、というも同じです。 ですから、私の仕事も分類上、ここに入ります。 竹村商店として、ネット上に店舗をかまえ、FC相談所みたいなことをやっているわけです。

で、これは「経営」とはいえません。一人でやってますから。 「経営」というのは「組織体」を動かすことです。

要は、 他人を雇って、他人に仕事をしてもらって利益を上げていくことです。 ですから、「半自営半経営」という状態もあります。 例えば学習塾FCに取り組む、としたら、1教室目は自分が教室長ですから、完全自営。

2教室目、3教室目は半分くらい自分で授業に入るでしょうから、この状態は「半自営半経営」です。 正直、その程度までは「自分の頑張り次第」でいけるのです。 利益を上げるために一番効率的な方法は、自分が頑張ること、ですから。

 

ただ、ここで、大きな問題点があります。 「自分が頑張ること」は、この時点では、「自分が労働力として頑張ること」になっているのです。 で、これでは商売の拡大には絶対的な限界があるわけです。

で、そこで問われてくるのが、 「経営ができるか」 ということです。 自分が頑張ることでななく、雇った他人に頑張らせること で成果を出していく、ということです。 これが「経営」です。

 

成功した社長がよく言うフレーズに 「オレが現場に入らない方が上手く回る」 というのがありますが、これが完全に「経営している」というイメージです。

起業当初「自分に人なんか使えるだろうか?」と思っていた方が、この段階になれば完全に「脱皮」感覚でしょう。

また、FC加盟店で成功されている経営者の方が良くいうフレーズに、 「いい人が採れたら次々出すよ」 というのがあります。

これももう、「経営者として成功している」という状態でしょう。 とにかく初めからこの「事業を大きくするぞ」という経営者感覚で、それを計画して、 目の前の事業をスタートするのが「フランチャイズで勝つ」考え方です。

そうすると、立ち上げの苦労が多い時期も、 「このビジネスの成功ノウハウをまず自分が掴む、そのためのステップ」 ととらえられるのです。 それは、「まず目先いかに黒字にするか」を考えるより大切であり、実は近道なのです。

 

経営者の仕事のもう半分は「金」関連

 

「経営者」のもうひとつの仕事は「金」=「財務」です。これも個人事業主、個人オーナーレベルであれば「財務」的な考えはほぼ必要なく、「経理」を行えば良いわけです。

しかし、「経営者」となれば、法人としての資産と負債を管理し収益を出し、日々のキャッシュフローを管理することが必要になります。もっと具体的に言えば、会社の資金がショートしないように資金繰りを考え、お金を調達してくる、これが「財務」です。

これはサラリーマンとして経験をいくら積んでも、なかなかイメージできないと思います。

なぜイメージが難しいか?というと、「先にお金が出ていく」という感覚がわからないことが原因だと思います。会社というのは基本的にまず借金をして、それを元手にビジネスをしてリターンを得る、のです。先に金を使ってビジネスをして、成功すればリターンがある。先にお金が出ていくから、常に会社の資産と負債を把握しながら、キャッシュフローをみて資金繰りを考え、必要ならお金を調達してくる、この流れがいるわけで、それが「財務」です。

 

「経営」とは他人のお金で他人を雇って利益を出すこと

 

最終的にはこの言葉が理解できるようになったら「経営者感覚」が身についた、ということだと思います。他人から金を集めて集めた金で他人を雇って働いてもらって、利益を出すこれが「経営」であり、だからこそ「難しい」のです。

無料Ebook:スモールビジネス必見!本当に役立つWebツール&サービス50選

Webマーケティングはツールを上手に使うことで、効率的に取り組むことができます。

このEbookでは、

・ランディングページを2時間で作れるツール
・WordPressで会員サイトを作れるツール
・キーワード選定力が10倍アップするツール

などスモールビジネスにおすすめのツール・サービスを50個まとめました。

ぜひ、あなたのWebマーケティングの実践にお役立てください。